フラット35の金利比較

フラット35の金利比較 住宅を購入する際には通常ローンを組むことになりますが、その際に重要なのは金利です。
金利には主に3つのタイプがあります。
一つ目は利率がずっと変わらないフラット35に代表されるような全期間固定型、二つ目は一定期間利率が固定され、期間終了後に変動する固定期間選択型、そして三つ目は金融情勢の変化に伴い常に利率が変動する変動型です。
これらのいくつかあるタイプの中でもフラット35は大変人気があります。
その理由は金利が固定されているので、返済計画が非常に立てやすいことにあります。
また、急に金利が上昇することがあっても、その影響を受けることがないのも魅力です。
現在最低の利率が設定されているので、将来的にこれ以上利率が低くなるよりは、上昇するリスクのほうが高いと思われるので、その意味でもフラット35はおすすめです。
ただ、各金融機関が用意しているフラット35に設定されている利率はそれぞれ異なりますので、初めによく比較してみる必要があります。
当然のことながら少しでも利率を低く設定している金融機関から借りることが大切です。
予め、いくつか候補を絞っておき、万一第一候補の審査が通らなかったときのために、第二候補も決めておくと良いでしょう。

フラット35の金利比較

フラット35の金利比較 フラット35とは何かと言いますと、住宅ローンの一種と考えるとわかりやすいでしょう。
住宅ローンで35年の長期間のローンが組めて、さらに、その期間にわたって金利が固定と思ってください。
こうした受取利息のリスク負担や、団体信用生命保険への加入が強制されない貸倒などのリスク負担は、銀行などの金融機関と住宅金融支援機構が協力して回避しているのです。
具体的には、ローンが組まれた場合のローンという権利、つまりローン債権です、これを金融機関が住宅金融支援機構に譲渡します。
住宅金融支援機構はこの権利を投資商品とします。
不動産を優先的な抵当にしているためリスクはほとんど無いと言って良いでしょう。
フラット35という住宅ローンを組むときのポイントは金利の見方です。
予想と言ったほうが良いかもしれません。
固定ですから、ローンを組んだ後の35年間の金利が上昇しそうなら、ローンを組むことを検討したほうが良いでしょう。
逆に、下がると予想できるのであれば、金融機関の変動型のローンを検討したほうが良いでしょう。
フラット35は、保証手数料が不要といった利点もあり、こうした特徴があるため、金利が高めに設定されている場合が多いのです。
ですから、十分に経済動向や支払利息を含む費用の積算をして、有利かどうか、専門家とよく相談するのが良いでしょう。

フラット35の金利関連リンク

フラット35の魅力的な金利を紹介しています。

フラット35 金利